【僕がアメリカに留学した本当の理由】きっかけやストーリーを交えながら紹介する。




こんにちは、現在アメリカのテキサスに留学をしているとみー(@tomitotheworld7)です!

tekitou

僕は、アメリカのテキサス・ダラスという街にある、ダラスバプティスト大学(通称DBU)という大学に交換留学に来ています。

交換留学なので、普段は岡山の大学生です。(写真はめっちゃカッコつけてますが、後ろの旗はテキサスの旗です)

今回のこの記事では、留学を決めたきっかけや理由、これから留学にいきたいと思っている人に向けてのメッセージをしていきたいと思います!

僕の留学のきっかけ

僕にとって留学は、小学生の時からの夢でした。

昔から「スパイダーマン」が大好きで、海外(特にアメリカ)に漠然と憧れを抱いていました。

そこで、将来は世界で活躍する人間になりたいと思うようになりました。

大学には交換留学がある。

大学に入り、交換留学という海外へ行くための大きなチャンスを知りました。

将来、世界で活躍したいと思っていた僕は、これを機に、アメリカに行って学びたいと思いました。

交換留学とは、日本の大学が海外の大学と協定を結び、同じ人数の学生を留学生として派遣し合うことで学生はお金は自分の大学に払えばいいというような制度です。

初めての海外は「タイ」

 海外に出たことも外国人と関わったこともない僕は、まずはどこでもいいから外国を経験してみたいと思う様になりました。そして、近くのアジアの国に行くことを決め、大学の協定校であったタイにある「カセサート大学」に2週間滞在することになりました!

初海外で経験することも見るものも全てが自分の想像とイメージを超えたもので、海外ってすごいと人生で一番の衝撃を受けました。

そこで、もともと1ヶ月と予定していたアメリカ留学を1年間に伸ばし、より海外に長く住みたいと思うようになりました。

DBU大学を選んだ理由

tekitou

アメリカのテキサスにあるDBU大学を選んだきっかけは、自分の大学にDBUからの留学できていた香港系留学生との出会いでした。

 僕は、当時、大学の提供している
「国際学生シェアハウス」で外国人と一緒に住んでいました。

これも、初めてのタイで感じた衝撃から、もっと外国人と関わってみたいと思ったことがきっかけです。

そのシェアハウスに彼もいて仲良くなりました。

いろんな相談もたくさん聞いてくれ、とても親切に接してくれたのを覚えています。

その理由は、彼がキリスト教だったからです。

当時、宗教という概念に興味を持っていたこともあり、彼の日本人とは異なる考え方やキリスト教に興味を持ちました。 また、いろんなテキサスの情報を彼から聞き、次第にとても興味を持つようになりました。

DBU大学はバプティストというだけあって、立派なキリスト教の大学。

DBU大学についてもっと知りたい方はこちらから👇

アメリカ留学のための大学情報サイト:ダラスバプティスト大学/Dallas Baptist University(テキサス州)の大学基本情報

テキサスは、宇宙産業が世界トップレベルなのも決め手の一つ。

あまり知られていないかもしれませんが、

テキサス(特にヒューストンという街)は、宇宙ビジネスでは世界最先端の都市です。

僕は昔、宇宙飛行士にもなりかったこともあり、そんな場所で学べることはとても刺激的なことでした。

近くにはNASAもあり、絶対行ってみたいと思います!!

NASAには先日行って来ました!!

その動画をYouTubeにあげているのでみてみてください👇

知らない人、知らない土地で僕はどこまでできるのかという挑戦。

 

これも理由の一つです。

アメリカという土地で、誰も知らない人に囲まれ、異国の地に住み、自分がどこまでできるのかを試したかったんです。

 というのも、昔から自分を追い込んで達成感を感じるのが好きで、フルマラソンにも挑戦したり、タイに帰って来てから一人で東南アジア横断旅でバックパックしたりしていました。

このアメリカ留学の1年間という期間で自分がどこまでいけるのか、どこまで成長できるのか僕自身もたのしみです。

tekitou

これから留学に行きたいと思っている人に向けて一言。

アメリカで「英語」を勉強するよりも、「英語」で何かを勉強する方が効率的。

僕自身、アメリカ留学の前に英語を毎日3〜5時間ほど勉強していて、英語はある程度話せるようになり、TOEICでは850点のレベルまで到達していました。

日本でやれることも意外とたくさんあって、僕自身全てを使って英語を勉強してきました。

  • YouTubeで海外の動画を英語で見る。
  • 国際交流パーティに参加したり、主催したりする。
  • 外国人とシェアハウスに住む。
  • 外国人があつまるカフェに毎日通う。
  • IELTSを3回受ける。
  • 家で英語の勉強をする。

日本でできることは全てやって、アメリカではアメリカでしかできないことをしよう。

さあみんな一緒に、

留学で世界に飛び立とう!!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

Follop CEO.フォロ割サービスを開発中。アメリカのテキサスで「留学×起業」する21歳の大学生│海外に興味持つ▶︎留学を決意▶10個の奨学金に落ちる▶起業の道へ│ミレニアル世代から見た「新しい生き方&働き方」を発信中。