学生のうちに「自分の手札にカード」を持つべき。最短でもっと人と密接に関わる魔法の方法。




こんにちは、とみー(@tomitotheworld7)です。

最近、特にTwitterで僕のことを面白い、あってみたいと言ってくださる人が多くなりまして嬉しく思います。
じゃあ、それはなんでなのか考えたところ、僕が「面白いカード」を手札に持っていることが一番の要因だとわかりました。

今回は、「自分の手札のカードを持つ」とはどういうことなのか、そしてその重要性について語っていきます。

この記事を読んで見てもらいたい人
・大学生
・面白い人に会いたい人
・面白い人だと言われたい人
・自分をブランディング化したい人

 

「カードを持つ」とはどういうことか?

 

一般人
カードって遊◯王とかいう小学生の時やってたやつ?
とみー
ち、ちがうわっっ!!!

「カードを持つ」と言うことは、簡単に言うと、

言語化できる「誰もしないことを経験する」ということ。

 

例えば、僕だとこんな感じ。

・大学生
・起業
・留学
・学生団体設立
・バックパック
・ヒッチハイク
・フリーハグ
・フルマラソン
・卓球全国大会出場

つまり、

一言で「こいつ違うな」と思わせるカードを持つということ。

 

さいわい、これらのカードは持つ人は少ないのが現状です。

だからこそ、面白い人にしか持てないし、他の人と差別化できます。また、その必要性に気づかない人もまだまだ多くいます。

逆に言うと、面白い人になりたかったら、自分のカードを持てばいいと言うだけだから意外と簡単。

普通の大学生の持っているカードはこんな感じ。

・大学生
・バイト
・サークル

 

結論を言うと、圧倒的に数が少ない。

ほとんどの学生がこのカードを見せて自己紹介するが、みんなと一緒なので差別化が全くできない。
つまり、面白い人認定されなくなってしまうということ。

だから、レッドオーシャン

でも多くが抜け出せないし、この事実に気づいて行動している人は少ない。あと1歩が踏み出せない人が多いと思うんです。

 

「自分の手札のカードを持つ」ことのメリットとは?

自分のカードを持つメリットは計り知れないが、簡単に言うとこんな感じになる。

①面白い人と思われる。

②面白い人に会いやすくなる。

③話題が増える。

④圧倒的に機会が増える。

⑤いろんな人と会話が弾む。

 

簡単に言っても、これだけのメリットがあるんだから、
もう自分のカードを持っていないことがどれだけ損しているのか痛感していただけただろうか。

特に、面白い人に会いたい人は絶対に「自分のカード」を持っておくべきです。
自分が面白い人認定されると周りからの評価も上がるし、何と言っても面白い人に会いやすくなります

そして、もっと多くの人を巻き込んで、どんどん自分の周りに面白い人が集まってくるようになります。

 

最後に

 

ここまで読んで何か行動してみようかなと思いましたか?

安心してください。こんなたった一つの記事で人生変わって行動するような人は一握りの人間です。
でもあなたがその一人なら、これからすぐに行動し始めるかもしれませんね。

とみーのTwitterもぜひフォローして見てね!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

Follop CEO.フォロ割サービスを開発中。アメリカのテキサスで「留学×起業」する21歳の大学生│海外に興味持つ▶︎留学を決意▶10個の奨学金に落ちる▶起業の道へ│ミレニアル世代から見た「新しい生き方&働き方」を発信中。