【転職したい人/就活生必見】「転職の思考法」が控えめに言って良すぎたって話。内容や感想を解説していく。




こんにちは、読書は毎日欠かさずしてるとみー(@tomitotheworld7)です。

先日、海外に行ってたんですが、その時に空港で目に止まった本があったので、機内で読もうと思い、買ってみました。

 

その本がこちら👇

「転職の思考法」

このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法

発売たちまち大増刷・8万部のベストセラー! ! 「転職する前に読みたかった」「大切な人に推薦したい」など反響の声、続々!

一生食えて、心から納得のいく仕事が見つかる、転職論の決定版。あらゆる不安やモヤモヤが、ストーリー形式で一挙に解決!

◆本書で解決する「悩み」→会社を辞めるべきタイミングがわからない

・年収は下がるけど、魅力的な会社」への転職はあり?/自分の市場価値をどう測るか、そしてどう高めるか

・「中途で入るべき会社」と「新卒で入るべき会社」をどう見極めるか?/「本当にやりたいこと」がいつまでたっても見つからないがどうすればいいのか……etc

 

機内で読み始めると、もう面白くて仕方がなく、移動時間だけで読み終えてしまいました。

今回は、その「転職の思考法」の書評や内容の一部印象に残った部分、そして感想などたくさんの視点から様々な内容を盛り込んで行きたいと思います!

こちらの記事&本を読んで欲しい方はこちら↓

・転職を考えている人

・就活生

・自分は何がやりたいのかわからず悩んでいる人

というわけで、僕なりの切り口で解説して行きたいと思います!!

 

Let’s Go!!!

 

マーケットバリューを測って自分のポジションをとれ!

 

皆さんは自分のマーケットバリューを意識したことがありますか??

 

あまりそんなことない、と答える人が大半だと思います。
マーケットバリューって言葉すら初耳な方もいるかもしれません。(僕です笑)

 

その市場価値の測り方としては、3つの要素があります。

①業界の生産性(一人当たり)

②人的資産

③技術資産

この3つが、「自分の市場価値」を測る最大の3要素だと言われています。

そして、
この3要素を軸とした箱の大きさによって、給料の期待値は変わるんです。

 

 

①業界の生産性

これは、「その業界が伸びて来ているかどうか」を観察すること。

例えば、今の時代だと、「IT」や「金融」の分野が一番業界の生産性が高い。それに対して、製造系や古いものはどんどん価値が下がって来ている。そこを見極める必要があるんですね。

 

②人的資産

 

人的資産とは、つまり、「人脈」ということです。

人間性を高めて、人脈を広げて行く。

これは、年齢を重ねれば重ねるほどに必要となってくる要素です。

 

③技術的資産

 

技術的資産とは、代替不可能な技術的な価値をどれだけ持っているのかで測られます。

例えば、プログラミング言語や英語、もっというと、誰にもできないことが自分にはできる何かってことです。

 

とみー
この3つの要素が重なって、
自分のマーケットバリューが決まるんですね!

 

欲しい方はこちらから↓

 

最後に

この「転職の思考法」は、絶対に読むべき本。

「転職」に関することが知れるだけでなく、「自分の悩み」を解決もする本当に良い本。

僕は、もうあと3回は読みます。

ではでは。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

Follop CEO.フォロ割サービスを開発中。アメリカのテキサスで「留学×起業」する21歳の大学生│海外に興味持つ▶︎留学を決意▶10個の奨学金に落ちる▶起業の道へ│ミレニアル世代から見た「新しい生き方&働き方」を発信中。