「若さは資産だ。」年齢が若いだけで得!?21歳の僕が伝えたい「若い=価値」の真実。




こんにちは、最近21歳になったまだまだ若い、とみーです。

 

今まで僕は、若いというだけで、いろんなことを経験させてもらえました。

大学生だとあんまり気づいていない人も多いかもしれませんが、「若さ=資産」だといわれています。

今回は、「若さ」という資産をうまくつかっていろんな経験をさせてもらった僕が発見した、【若いからこその強み】をお伝えしようと思います!

 

若い時に何かやっているだけで評価される

 

若いうちに何かしておけば、結構なんでも評価されます。

例えば、「起業」。学生のうちに起業することは、最近よくあることですが、大人になってからの起業よりもいろんな人からのサポートももらいやすくなるのは確実です。特に、最年少という一つの称号も得られることももちろんメリットですね。

ほかにもたくさんあって、「バックパック」や「ヒッチハイク」など若いからこそできる挑戦。

そうです。大人は若者の「挑戦」にとても応援したくなります。ゆえに、周りから評価を受けやすいということです。

僕も、バックパックやヒッチハイクだけでなく、渋谷のど真ん中で3日間フリーハグをしていたことも。(笑)

それすらいろんな大人に面白がってもらえました。

 

若い時にセミナーや講演会などのイベントに行くだけで「すごい」と言われる

僕は、18歳のころから一人でいろんな勉強会や講演会に行ってたくさんの大人の話を聞ききまくってました。

平均年齢40歳くらいのイベントでたった一人10代ということもザラにありました。でも、そうやって大人たちの集まるイベントで学生が自分一人だけだと、「すごいね~」とたくさんの人に言われます。

案外それが、結構な大きな自信や自己肯定感につながるんです。

そして、たまたま将来目指している仕事を実際にしている大人とかあったりできたり、いろんなことを聞けたり、より深いつながりができてきます。

 

何してもネタになる

 

学生時代の出来事なんて結局大人になった時には、「全部ネタ」になっています。

そんなことを理解していくと、今やりたいことは失敗してもとにかくやってみる、そんな姿勢が重要だと理解できるようになります。

 

大学生にリスクはない。学生という保険がある。

大学生になって、楽しいことがたくさん出てくることでしょう、ですが、実際にやろうとすると、「失敗すると怖い」、「笑われるんじゃないか」、そう言って躊躇する人が多くいます。

そんな人たちに言ってやりたい

「学生にリスクなんてない!」と。

フリーターならまだしも、学生なのに挑戦を躊躇するのは、人生を後悔したいと言っているようなもんです。

だからこそもっともっと「人生前のめり」に生きていきましょう。

 

 

人生で今が一番若いことを理解しよう

 

今が一番人生の中で若いということを理解できている人は何人いるでしょうか。大学生でさえ、20超えてから体力がなくなった~とか言っていたり。

でもよく考えると、「今」を過ごしているこの自分自身こそがこれからの未来を前にすると、最も若い自分だということに気づくわけです。これは、結局何歳にも言えることで、とにかく挑戦するなら今しかないということを思い出してくれるでしょう。

 

大金持ちではなく、大時間もち

大学生とか特に、「時間」という時間が有り余っているのではないでしょうか。アルバイトや部活に追われる毎日はもう早く卒業しましょう。そんな日常はあなたになにも与えてくれません。そんな人にはこの記事👇

 

とにかく学生には、「時間」が大量にあります。

でも、多くの学生はそれを無駄にしているようです。そんな彼らの合言葉はこうです。「大学は人生の夏休み。」

まあそんな人たちはこの記事を見ていないでしょう。

 

ところで、大金持ちがもっともほしいものって何だと思いますか?

学生に聞いてみると、「フェラーリが欲しい」や「プール付きの家が欲しい」など、よくありがちなことを言います。

でも、本当の大金持ちが一番欲しいもの、、、、

それは、、、

「時間」

です。

 

つまり、大学生は大金持ちもうらやむ「大時間持ち」なんです。

このことに理解して、もっと自分の時間を大切にしていこう。

 

最後に

あなたは、何歳ですか?「若さは持参だ」ということを長々と書いてきましたが、たとえ、あなたが「若く」なかったとしても、人生では今の自分が一番「若い」のだと自覚して、いろんなことに挑戦してもらいたいものです。

ありがとうございました。以上、とみーでした。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

Follop CEO.フォロ割サービスを開発中。アメリカのテキサスで「留学×起業」する21歳の大学生│海外に興味持つ▶︎留学を決意▶10個の奨学金に落ちる▶起業の道へ│ミレニアル世代から見た「新しい生き方&働き方」を発信中。