【起業家必見】「若き怒り」とは?家入一真さんがベンチャーキャピタル「NOW」に50億を投資して「居場所を作る事業を支援」する




こんにちは、家入さんみたいな起業家を目指して頑張っている岡山の大学生、とみーです。

 

先日、家入一真氏らがベンチャーキャピタル「NOW」を設立

というニュースを見て、とてつもなく驚いた。

その内容はこちら

👇

CAMPFIREの創業者で連続起業家の家入一真さんと、VCや証券会社で多数の投資実績を持つ梶谷亮介さんが、シードラウンド向けの投資を行うベンチャーキャピタル「株式会社NOW」を設立したと発表しました。

 

 

ベンチャーキャピタルNOWってどんな会社なのか?

 

NOWは、「Next One for the World.」をコンセプトに、さまざまなベンチャー企業経営者をアドバイザリーボードに迎え、次世代を代表するスタートアップの創出や育成、新産業やスタートアップエコシステムの発展に関与することを目的としている。また、「エンジェル投資家のスタンスを貫く。」「居場所をつくる人、をつくる。」「小さな経済で、大きな経済を変える。」という3つの方針を掲げている。

おお、近未来的!!

すごいぞ。。。

さらに、、

投資対象になるのは相変わらずシード期のスタートアップだ。これまでに彼が投資した50社にはCAMPFIREはもちろん、BASEやdelyなど大きく成長しているものも多い。NOWも「エンジェル投資」というスタンスは崩さず、彼らしいスタイルで後進の起業家を支援する、というものになる。

こ、これは、僕のようなまだ見切り発車しようとしている起業家でも投資してもらえるかもしれない。

チャンスだ!!

そう思った。

 

「若い怒り」に投資するとはどういう意味!?

 

家入さん自身、最近若い大学生などが抱える「怒り」に自分が投資していることが分かったらしい。(本人曰く)

具体的にはどういうことなのだろうか。

インタビューの一部を見てみる👇

投資ファンドのスペック的な質問は野暮と承知の上で、敢えて家入さんのスタンスを聞きたい

実はもう新規で30社ほどの投資案件を予定しています。ファンド自体、何か対象を絞っている訳ではないのですが、やはり相談してくる起業家もC(一般消費者)向けが多いですね。大学生などが主体になってくると思います。

待て、待て。

大学生が多いだと!?

大チャンスが目の前にあるじゃないか!!

 

また、若き怒りについてはこうツイートしている。

かっこよすぎる。。。

もう憧れであるとともに、天の上の人に見えてきた。

 

BASEの鶴岡裕太さんやdelyの堀江裕介さんのような際立った人も最初は気の強い大学生だったりする。彼らのどこに「引っ掛かり」のようなものを感じたのか

原体験の重視は色んなところでも言ってますが、何に、と聞かれたらコンプレックスや『怒り』みたいなものじゃないかな。あからさまに心の底から何かに対して怒ってる。それは自分のコンプレックスや経験に基づくものかもしれないし、社会に対してかもしれない。彼らって、自分もそうなんだけど人に会って目を見ないんですよね

そうか、「怒り」をもろに出していく必要があるのか。

僕はどんな怒りがあるんだろう。

起業家になるためには必ずこたえられるようにしておくべき課題だ。

 

深く考えてみる。僕の現時点での答えはこうだ。

「能力のない既得権益者が能力のある若者の人生を潰している」という事実だ。

 

これは、家入さんも言うように、「就活」で多くの若者が自殺をしていくのもこれが原因かもしれない。

既得権益を主張し、昔の常識を今の常識だと思い込んでならない、そんな「おっさん」だ。

 

彼らの意識改革をして、実力社会の世界にしたい。若者であろうと、大人であろうと関係ない。すべては「実力」がものをいう世界。

実力のある人間が上に行ける世界。

 

そんな世界を実現し、既得権益者と戦っていきたい。

 

NOWが掲げる方針の一つにこんな言葉があった。

居場所を多様化する。100年後の人類にとっては当たり前になっている可能性のある、居場所をつくる起業家に投資する。投資を通じて、さまざまな生き方を肯定できる世界をつくる。 また、起業家を孤独にさせないために、リバ邸やコワーキングスペース、イベントなどを通じてコミュニティを形成していく。戻って来られる“居場所”があることで、人は挑戦できる。

物語。ストーリー。

これが一番大切だと。

 

まとめ

家入さんはすごい。

この一言に尽きる。あの人はこれからどんどん挑戦していくだろう。

ぜひ家入さんの思考を研究し、これからの未来を見通すことで、今持っている「若き怒り」をばねに変えて、新しい革命的な事業を起こすような人がたくさん増えていけば日本はもっともっと幸せな国になるだろう。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

Follop CEO.フォロ割サービスを開発中。アメリカのテキサスで「留学×起業」する21歳の大学生│海外に興味持つ▶︎留学を決意▶10個の奨学金に落ちる▶起業の道へ│ミレニアル世代から見た「新しい生き方&働き方」を発信中。